首のしこり・甲状腺の腫れ

首のしこり・腫れ

首のしこり・腫れ首のしこりには、様々な種類があります。痛みのあるものやないもの、病気が原因のもの、良性のものなど色々ですが、甲状腺やリンパ節の腫れが原因の場合は適切な治療が必要です。首のしこりや腫れが気になる場合は、数日間様子を見てそれ以上長くあるようでしたら、一度当院までご相談ください。

首のしこりから疑われる疾患とは

首は、リンパ節や甲状腺・血管・神経などが集中しているため、しこりや腫れがある場合は以下の疾患が疑われます。

リンパ節の腫れによる首のしこり

急性リンパ節炎

扁桃炎や咽頭炎からの感染がきかっけとなり発症することがあります。細菌やウイルス・真菌感染による急性リンパ節炎です。上気道感染による場合主に、喉の痛み・しこりを押した際の痛み・鼻水・発熱症状が現れます。
首だけではなく、脇や足の付け根のリンパ節も腫れている場合には、伝染性単核球症などの全身性ウイルス疾患の可能性もあります。

悪性リンパ腫

リンパ球ががん化して発症します。首や脇の下・リンパ節の多い部分が腫れてしこりが現れます。主に、発熱や体重減少などの症状見られます。しこりを押しても痛みがありません。

菊池病

良性のリンパ節炎で、若い年代の方に多く見られます。主に、リンパ節の腫れ・湿疹・長期にわたる発熱・体重減少などの症状が現れます。悪性リンパ腫と鑑別するためにも検査が必要です。

がんの転移

がん細胞が血液やリンパの流れによって多臓器へ拡がります。リンパ節の多くある部位や首・脇の下などが腫れます。

甲状腺の腫れによる首のしこり

甲状腺の腫れによる首のしこり首の腫れやしこりは、異常のサインともなります。甲状腺に対する自己抗体が生じると、甲状腺細胞が変化して硬くなります。これに伴って、結節や腫瘍などのしこりが首に現れます。甲状腺の腫れのほとんどが良性ですが、10%程で悪性腫瘍があるとされています。悪性との鑑別をするためにも、早めに医療機関を受診してください。

唾液腺の腫れによる首のしこり

耳下腺腫瘍・顎下腺腫瘍などがあり、良性か悪性かの鑑別のために検査をお勧めしております。また、唾液腺の腫れる原因として、細菌やウイルス感染・シェーグレン症候群などの場合があります。

嚢胞

嚢胞というできものの内部には内容物(液体)で満たされています。通常の嚢胞は、特別治療する必要はありませんが、感染が原因の場合は適切な治療を行います。

首のしこりの診察と検査

問診と触診を行います。問診では、首のしこりに気付いた時期や症状・既往歴などについて丁寧にお伺いしております。また、触診で腫れの部位の確認・大きさや硬さを確認していきます。血液検査や超音波検査を行い、しこりの性状を詳細に調べます。超音波検査によって、良性か悪性かを見分けることができます。ただ、必要に応じてCT画像検査・MRI検査を行うことがあります。
甲状腺疾患の場合は、首の下半分辺りにしこりが現れます。

よくある質問

家族に「首が腫れてる」と指摘されて気になっています。すぐに受診した方が良いでしょうか?

首の腫れは、そのまま自然治癒することもありますが、気になる腫れやしこりが数日以上ある場合は、一度受診することをお勧めしております。首の腫れやしこりで考えられるのは、リンパ節の疾患・甲状腺疾患・稀にがんであることもあります。気になる場合は、早めに医療機関を受診してください。

首の腫れ・喉の痛みで耳鼻咽喉科を受診しました。服薬してもまだ痛みや腫れがありますが、甲状腺の病気が考えられる場合は何科を受診したら良いでしょうか?

首の腫れや喉の痛みに加えて、腫れ部分を押して痛むようなら、亜急性甲状腺炎など甲状腺疾患が考えられます。この場合、甲状腺疾患を扱う内科(内分泌内科)を受診することをお勧めしております。

頭痛と倦怠感、甲状腺の腫れによって血液検査を受けました。血液検査の結果が異常なければ甲状腺の腫れはそのまま治療しないで良いのでしょうか?

甲状腺炎などの甲状腺疾患だった場合は、治療を行えば腫れが治まります。血液検査に異常がなかった場合は、エコーの検査をお勧めしております。甲状腺に腫瘍があっても、ホルモンが異常になるとは限りません。もし甲状腺の腫れが炎症以外の原因であった場合には、その原因に合わせた治療が必要になります。

喉ぼとけの下に2~3cm程のしこりがありますが、なんの病気でしょうか?

2~3㎝と大きなしこりということから、リンパ節または甲状腺の腫瘤の可能性があります。超音波検査で、良性か悪性かの見当をつけることはできますので、一度当院までご相談ください。また、場合によっては連携病院にてCT検査やMRI検査で画像診断を受けることをお勧めしております。

首の腫れ・全身の倦怠感の症状があります。自分で調べたところ悪性リンパ腫の症状に当てはまりますが、恐くなってきました。どうすればいいですか?

悪性リンパ腫が心配な場合は、血液内科を受診するとその疾患の可能性を調べることができます。首の腫れと全身の倦怠感のほか、どのような症状がありますか。
無気力や日中の眠気・食欲低下しているのに太る・皮膚の乾燥・脱毛など、いくつかの症状がある場合は、甲状腺機能低下症の可能性が考えられます。当院では、甲状腺疾患の検査や診断・治療を行っております。気になる症状がある場合は、一度当院までご相談ください。

喉ぼとけの斜め上にしこりがあります。しこりを押しても痛くないですが、どんな病気でしょうか?

場所としてはリンパ節の腫脹か嚢胞が疑われます。エコーで観察することでしこりの原因が分かることもあるので、一度ご相談ください。エコーだけでは判別がつかない場合には、一部を採取して生検することもあります。

  • 受付時間 月・火・木・金 8:45~12:30/14:00~17:30 / 土8:45~13:00受付時間 月・火・木・金 8:45~12:30/14:00~17:30 / 土8:45~13:00
  • 予約電話番号 03-5422-8071 予約電話番号 03-5422-8071
TOPへ